葉酸サプリの安全性について

葉酸サプリを選ぶときには必要とする量が摂取出来て、安全性の高いものを選ぶことが重用です。
妊娠1ヶ月前から出産まで約11ヶ月は、1日400μgの葉酸が必用なのでこれを満たしているものがよいです。

体内でしっかりと効果を出すにはビタミンB12とCと一緒に摂ることが望ましく、ビタミンB6はつわりを和らげてくれますしカルシウムや鉄分などのミネラルなども妊娠中は不足しやすいのでそれも一緒に入っているのが望ましいです。

厚生労働省は天然ではなくサプリから摂れる合成を推奨しています。
ただ天然が効果が無いということでもなく他の栄養も摂れるメリットもあります。

GMP準拠工場で作られていることも重要で、原材料の受け入れから製造、出荷まで全ての工程で製品が安定して一定の品質で製造されていることを示した厚生労働省が定めた基準です。

サプリは製造するときに製品にバラつきが出たり有害物質が混じるリスクもあるので、安全な物を選ぶときにはGMPに認定されている工場で作られているものがよいです。

無添加だといっても良いとは限らずGMPに準拠をしていて、安全な材料や添加物を使っていることが大切です。
香料や着色料に人口甘味料などが入っているものはあまりよくありません。

妊婦に配慮しているものは副作用の心配はありませんが、過剰に摂取するとやはり起こします。
まとめると妊婦に必要な成分が一緒に入っていて、一定の品質を保っているGMP工場で製造していて尚且つ余計なものが入ってないものがおすすめです。